「急な話でほんと悪いんだけど、代わってくれない?幹事。」

「はい?」

電話の相手は同じく忘年会に出席する友達だ。
こういう理由でどうしても代理をお願いしたいと、まどかさんとのいきさつを話す。

「だめでしょ。」

一言フッと鼻で笑いながら次に出た言葉は

「貸しにしとく(笑)」

だった。

「へぇー。婚活ね。そんなんやってんだ。今流行ってるらしいね。」

「そう。今回はどうしてものお願いと言うことで。。」

「じゃあ来れないね。」

「そういうことです。すみません。」

「プロポーズのために欠席ってみんなに言っとくわ(笑)」

「はい。よろしくお願いします。ってプロポーズはしないよ(笑)」

電話を切って、まどかさんへ即メールを打つ。

お疲れ様です。
今回はお知らせがありましてメールいたしました。
14日ね、だめって言ってたのが大丈夫になりました!
一緒に参加する友達に、大切な人に会う約束があるって言ったら
それでは。と快諾?いただきました。
まだまどかさんの予定大丈夫?大丈夫なら1日遊びに行こう!

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ