お見合い当日。といっても夕方までは仕事なので、特に変わらない平日を過ごす。晩御飯はどうしようかなと思ったが、お見合い中にお腹が鳴るのは嫌なので、軽く食べておく。時間的に中途半端だが仕方がない。それから待ち合わせのホテルへ。仕事で疲れていますという顔を見せるわけにはいかない。会う前にトイレで入念に髪型だけでも整える。さあ。いよいよだ!

10分前に待ち合わせ場所につく。時間は8時。自分の他に待ち合わせをしているような人がいない。入口から一目で見てわかる。彼女が来れば同じく、他の誰とも見間違うことはないだろう。携帯を出して写真を見直して、顔を上げた時だった。それらしき人が入口から入ってきた。

「佳奈子さんですか?」「はい、はじめまして。もりおさんですね。」写真どおりの人だった。「あちらでお茶でもしましょうか。」「はい。行きましょう。」なんとなくノリがいいかな?少しテンションが上がる。

1回目のような席の問題は全くなく、案内されたとおりにすんなりと席に着く。他のお客さんはちらほらと談笑している。心なしかこちらもリラックスする。気合いを入れて行くぞ!!という雰囲気はお互いに全くない。メニューを広げながら、「何にされますか?」と聞いてみた。


2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ