お受けがあったので、まずは1人目の人から処理を進める。処理を進めるなんて言ってしまうあたりが、自分でもなんだかなと思う。佳奈子さんという人から先にお受けをいただいた。1週間の間、彼女は何をしていたんだろう。とこういうことは考えないことにする。

まだ2回目のお見合いだが、手順は変わらないので理解している。今回も2人だけで会うお見合いになった。こちらの服装を伝え、お相手の服装も教えてもらう。会う時間は珍しく平日で、お互いの都合により8時になった。8時ならさすがに席がない!なんてこともないなと、必要のない負担が減ることにほっとする。

あとは1回目に自分ではだめだったと思うところを復習。自分にとってはやっぱりリラックス。素の自分を出すことが、会話を続けるポイントかなと思う。他には連想ゲームというか、キーワードに対して想像力をふくらませること。

休みの日の過ごし方は?→友達と遊ぶ→何をするの?→服を見る→どんな服が好きなの?…。とこのように文字で書くと、淡々としたやりとりのようだが、実際は、お茶を持ちながらだとか、周りの雰囲気(静かだ、ざわついている、隣との席が遠い、近い)などもあるから、その状況に応じて対応していくことになるんだろう。こういう流れになった時の筋書きを自分なりに考える。

なんとなくのイメトレはできた。まだ不安ならあらかじめホテルの下見に行ってもありだな。自分にやれることはやろう。


2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ