「今お返事できない理由は、他にお付き合いしている人がいるからですか?」

「いえ、違います。何人かから申込みはありますが。」

ありますが、どうしているかの明言はなかった。ありますが、お断りか保留をしているといったところだろう。近々お見合いがあることや、現在他に付き合っている人がいるという雰囲気ではなかった。

「ごめんなさいね。僕だけ走りすぎました(笑)」

「いえいえ。こちらこそごめんなさい。」

「じっくりお付き合いしていきましょう。よろしくお願いします。」

「はい。よろしくお願いします。」

このあとまた沈黙の時間となる。祭りの後のような静かな時間。このクライマックスの話題のあとに何を話せばよいのだろう。

「えっと。。もう行きますか(笑)」

「そうですね(笑)」

何も悪いことはしていないのに、有里さんに対して申し訳ないことをしたかのような気まずい雰囲気が漂う。

「時間、戻りませんかね。」

「え?」

有里さんが不思議そうな顔をする。

「いやなんか。いえ、なんでもないです。独り言です(笑)」

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ