正直なところ、生まれたての赤ちゃんの写真にあまり興味はないが、自分の興味は横に置いておいて、もうそのくらい有里さんが喜んでくれたがゆえのメール。嬉しかったです!という有里さんなりの表現の仕方だろう。俺も有里さんみたいにメールで告白しようかな(笑)

有里さんの笑顔を思い出しながら返信をする。

ここまで喜んでもらえるとは思っていなくて、お渡しした甲斐がありました。よかったです。次回お会いするときは写真見せて下さい。楽しみです。

向こうは写真を送ると言っているのに、こちらは現物を見せて欲しい。という何とも言えない認識のズレを送信後に感じながら、これからどうすべきかを考える。

このままだらだら食事を続けても、おそらく有里さんの気持ちは変わりにくい。3ヶ月ルールで押しきり交際というのも考えにくい。今日のことは加点になっていたと見立てをして、次はもう一声いくチャンスがあるというところだろう。

とはいえ、急ぎは厳禁と釘を刺されている。少しだが確実に一歩は進みたい。そんな都合の良い方法があるのだろうか。

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ