幸いというか既婚者テーブルは、二次会までという暗黙の了解があったようだ。独身は独身で三次会、四次会といくがいい。と自分も独身風情が心の中で吐き捨てる。

二次会は宴もたけなわでお開き。店の前でたむろしている面々を横目にヨッシーとの三次会へと繰り出す。

「もりおもラーメンでいい?俺腹減っちゃって。」

「ああいいよ。どこでも。」

なんだろう。お誘いを受けたついでにいろいろと聞いてもらおう。

近所のラーメン店はどこもいっぱいで、結局入って間もなくラストオーダーというお店がやっと見つかった。

「はあ。やれやれだね。年だし二次会疲れるよ。」

そう言いながらおしぼりで顔を拭くあたりがなかなかの年っぷりだ。

「今日は佳代ちゃんと子どもは?」

「遅くなるって言ってある。佳代もあれからお前のこと気になってたよ。」

「そうなんだ。気にしていただいてありがとうございます。」

「じゃあ食べながらで。あまり時間ないけど(笑)」

「そうだね。いただきます。」

ラーメンをすすりながら、恋愛コンサルティングが始まる。

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ