「うーん。そこが自分でももやもやするというか何というか。だから積極的になれないというか。」

煮え切らない自分の態度に少しヨッシーはムッとしたのだろうか。

「じゃあ聞くわ。あれもこれも確認できました。じゃあまどかさんと結婚できるの?俺、佳代と結婚するとき、佳代の全部を確認した訳じゃないよ。たいてい結婚した人間ってみんなそうじゃないの?全部確認できたら結婚するってなんか違う気がするわ。」

自分の言葉に自分で火をつけたのか、ヨッシーはさらに続ける。

「まどかさんに押されてって言ってたじゃん。押されたってお前の感覚だろ?そうじゃなくて、きちんとお前のことを知りたいから押してくるんじゃないの?お前が結婚相手としてふさわしいか。まどかさんはお前をきちんと見てみようと思ってるから。積極的になれないってそうじゃなくてちょっとどっかで避けてない?まどかさんのこと。」

「いや、避けてなんかは……」

軽く話を聞いてもらおうとのつもりが熱い説教部屋になってしまい。ヨッシーの顔をまともに見られない。

「ごめん。熱くなりすぎた(笑)」

「いやいや。」

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ