本来の待ち合わせから30分遅れ。さらに15分、17分、20分と時間だけがじりじりたつものの、まどかさんからは相変わらず連絡がない。理由は仕事とわかっているのだが、どうしたのだろうと不安になる。読みあさるサイトの内容はもう全く頭に入ってこない。

そんな中やっと、まどかさんから電話があった。

「はい、もしもし!」

あわてて早口になる。

「もりちゃんごめんね。今電話大丈夫?」

「あ、もちろん。」

「ごめん。仕事、クレーム処理がトラブってちょっと事態が大きくなってて。」

「え?そうなの?」

「ごめん、一度切るね。また必ずかけます。」

電話越しのまどかさんは、私もどうしたらいいのだろうという感じの声だった。どうしたらいいのだろうはこちらの同じ気持ちだ。

だからといって、これから助けに行くこともできず、次なる連絡を待つしかない。彼女は彼女なりに、最低限なんとかこちらに連絡をしなければ!との思いでの電話だったと思う。

待つ時間を過ごす感覚が異常に長くなる。

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ