初めて来た時と何も変わらない相談所。変わったのは自分に一つ黒星と経験値がついたことくらいだろうか。前と同じように受話器を取り内線番号を押す。「もりおさんですね。お待ちしておりました。しばらくお待ち下さい。」

「おはようございます。こちらへどうぞ。今日はいいお天気で良かったですね。」担当者は何事もなかったかのように挨拶がてら世間話をすすめる。お見合い結果は蒸し返さないのが相談所流のマナーなのだろうか。やがて応接室に通される。前とは違う応接室だ。

「アポ時に少しお話ししましたが、一度お断りした方についてです。再度お受けはできるのですか?無理ならこちらから逆の申込みというか、そういったことはできるのですか?」

「そうですね。システム上は可能です。ただシステム上可能というだけで…」

話をまとめるとこういうことだった。
申込み・お受けの履歴はこちらの相談所、相手方相談所共に残っており、再度の申込み・お受けは、本人の勘違いもある可能性があるので、まず本当によいのか聞く。もし本気の申込みとして通しても、相手方相談所は基本的には受け付けない。

受け付けない理由は、一言で言うと不信感だ。ではなぜあの時断ったのか。翻すという行為が信頼できない。タイミングがあわなくて。という言葉は理由にならない。もし病気など、いわば正当な理由で相談所とコンタクトが取れなくて、結果的にタイミングがあわないのも同じく理由にはならない。とにかく理由のいかんを問わず、一度無理なら無理ということだった。

ノーカウントなんて甘かった。相談内容には何の望みもなく相談所を後にした。


2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ