「その、私どもの会社はどうでもいいんです。先方の相談所がどうかということです。あるように聞いていますということは、あってもおかしくないと言うことですか?そんなこと初めて聞いたのでびっくりしているんですけど。」

「各相談所様の対応になりますので、私どもとしてはなんとも。。」

そうなのだ。まだ紹介者、つまり今回の弥生さんが自分と同じ相談所に登録しているのであれば、何らかの対応も取ってもらえたかもしれない。ところが、弥生さんはどこか別の相談所。もうこうなると、よその会社からあれこれ言われる筋合いはないらしい。どこの相談所に登録しているのか、相談所同士では分かるものの個人的にはわからない。

「わかりました。とりあえず何を言っても無駄と言う事ですか?」

「無駄とは申し上げませんが、先方相談所の方にこのような件があったと言う事はお伝えしておきます。」

登録する気がないけれど登録しているなんて、サクラじゃないか。しかもそんなことがあっても対応が出来ないなんて、高いお金を払って登録しているのに何なんだ。

どんどん怒りがこみ上げてくるが、だからといって抗議の場所もない。

「そういうものなんですね。よくわかりました。ありがとうございました。」

「本日はお手間をとらせてしまって申し訳ありませんでした。ご多忙のところお越しいただきありがとうございました。」

2つのブログランキングに参加しています!
ポチっと応援クリックをお願いします(σ・∀・)σ


【にほんブログ村】     【人気ブログランキング】

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ